他の電気通信工事業者とは何が違う?アライバルが働きやすい理由を紹介!

New

皆さんこんにちは。

愛知県名古屋市を拠点に、無線通信基地局の設置工事を手がけるアライバルです。


電気通信工事は、今の時代に必要不可欠な仕事であり、この業界への就職・転職を目指す人も大勢います。一方、建設業界特有の事情から、働く上でいろいろ大変に感じることがあるのも確かです。そのためアライバルでは、従業員が少しでも働きやすくなるよう、労働環境の整備に力を入れています。今回は、他の電気通信工事業者と比較して、アライバルが働きやすい理由をご紹介します。




■電気通信工事業界の「あるある」、アライバルはどうなの?



電気通信工事業界には、仕事が大変だと感じやすい原因がいくつかあります。まずは、そんな「業界あるある」とともに、アライバルではどうなのかをご紹介します。


・朝が早い

現場によっては作業の開始時間が早く、早朝に出勤しなければならない場合があります。また、現場が遠方にあると移動に時間がかかるため、朝早く起きて出発しなければなりません。これはある程度やむをえない問題であり、アライバルでも同じです。ただし、無理のあるスケジュールにはならないよう、できる限り配慮しています。


・土日休みがない、休みが少ない

電気通信工事はインフラを作る仕事なので、曜日を問わず仕事が入る場合が多く、土日休みを取りにくいのが実情です。根本的に休日が少なく、月4日(最低限)しか休日がない会社もあります。


しかし、アライバルは基本土日休みの完全週休2日制を採用しており、残業も月20時間程度https://www.arrival-2007.com/recruit)。これは電気通信工事業界のみならず、建設業界全体でも非常に珍しいケースです。毎週しっかり休みを取れるため、仕事とプライベートを両立させ安定して働くことができます。




■土日休みだけじゃない! アライバルのいいところ



アライバルでは働きやすい環境を整えるため、完全週休2日制の他にもいろいろな工夫をしています。在籍中の従業員からも評価されている、アライバルの「いいところ」をご紹介します。


・仕事に必要な備品は会社で負担

電気通信工事士として働くためには、工具・ユニフォーム・ファン付き作業着など、多くの備品をそろえる必要があります。これらをすべて自費で購入すると大きな負担になりますが、アライバルでは必要な備品をすべて会社負担で購入しておりますので安心です。最低限の備品だけでなく、時には「ほしい!」と思ったものも支給するので、モチベーションアップにつながっています。


・社員同士の仲がよく、昼食が豪華

アライバルは社長も含め社員同士の仲がよく、上下関係があまり厳しくありません。風通しがいい社風なので、仕事のこともプライベートのことも相談しやすく、お互いに支え合いながら仕事に励んでいます。みんなにがんばってもらいたいため、先輩が美味しい昼ごはんをご馳走してくれることもあります。




■一緒に働くすべてのスタッフに最大限の配慮を!



アライバルは社員一人ひとりを大切にする社風で、仲間が働きやすい環境を作りたいという思いを強く持っています。高品質なサービスを提供するためには、ただお客様のことだけを考えるのではなく、社員のモチベーションアップを図らなければなりません。そのためにアライバルでは、一緒に働くすべてのスタッフに最大限の配慮をしています。


社員の仕事の成果はしっかり評価し、ふさわしい待遇を用意。やる時はやり、休む時は休み、ワークライフバランスを取りつつ働ける環境を整えています。興味のある方は、弊社で一緒に働いてみませんか?


アライバルでは、社会のインフラを支える仲間を募集しています。大手携帯会社から仕事を受注しているため、常に安定して収入を得られるのが強みです。経験や学歴は一切不問! 業界でも珍しい完全週休2日制で、先輩社員が丁寧に指導しますので、未経験者でも安心して働けます。多くの先輩も未経験からのスタートでしたが、従業員の定着率は何と90%以上です。


資格取得のバックアップ体制も整えており、第1級陸上特殊無線技術士など一生モノの資格を取得できます。今の時代に必要不可欠な電気通信工事業界で働き、社会に貢献してみませんか? このブログを読んで興味を持った、という方でもOK! ぜひお気軽にご応募ください。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。


求人に関する詳しい情報は募集要項(https://www.arrival-2007.com/recruit)をご覧ください。