最先端の通信インフラを支える!通信建設業の働きやすさ改革

 

愛知県名古屋市を拠点に、東海4県や東京都で電気通信設備工事を行っている、株式会社アライバルです。

 

2019年4月から施工された「働き方改革」。ニュースやSNSなどでも話題になり、これをきっかけに働き方について見直す企業も増えてきているそうです。

 

「きつい、帰れない」などのイメージがあった建設業でも、時代の変化に合わせ、働きやすい環境づくりがされるようになっています。

 

そこで今回は、通信建設業の働きやすさと今後についてご紹介します。

 

 

 

通信インフラを支える通信建設業の仕事

 

 

建設業はイメージできても、通信建設業となると、どのような仕事をしているのか想像がつかない方もいらっしゃるかと思います。

 

近年スマートフォンが普及した結果、携帯の繋がりやすさや速度、対応エリアなどの「通信インフラ」の設備増強は、携帯電話企業にとっても大切なポイントになってきています。

 

このような通信インフラ設備の工事を施工し、通信の安定や品質を支えているのが、私たち株式会社アライバルのような通信建設業です。

 

携帯基地局工事だけでなく、光ファイバー設備や企業通信の社内外ネットワーク工事など、大事な通信インフラを影でサポートしているのです。

 

 

 

通信建設業の将来と働きやすさへの取り組み

 

 

最近では、AIや5Gなどの新技術の開発が続けられており、それらに関連した工事の発注増加も期待されています。さらに、新技術の導入だけでなく老朽化した通信設備への対応も求められるため、将来的にも通信建設業は仕事量が保証された業界といえます。

 

一方で、通信建設業では深刻な人手不足が大きな問題となっています。建設業界に対する大変そうなイメージが先行してしまい、若者から敬遠されてしまう傾向にあるのです。現場で働く職人の高齢化も課題となっています。

 

残業や休日出勤による過労死などがニュースで取り上げられるように、職場での働き方は、社会全体の問題でもあります。2019年4月には、「働き方改革関連法」が成立して、有給休暇の確実な取得や時間外労働の上限規制が導入されました。社会全体で、働きやすさへの取り組みが始まっています。

 

建設業では5年の猶予期間の後、2024年から一般職と同じ上限規制が適用されることになっています。通信建設業界も今後、働きやすさを求めて大きく変わっていくことになるでしょう。それに加え、株式会社アライバルでは、社員の働きやすさを追及した取り組みを行っています。

 

 

 

働きやすさへの取り組み

 

 

建設業の現場仕事は、「土日も関係なく働き、休みが少ない」という印象を持たれる方も多いかと思います。しかし、名古屋市に拠点をおく株式会社アライバルは土日休みです。大手企業の依頼で工事を行っていることもあり、大企業並みの長期休暇を取ることもできます。建設業への働き方改革の適用は2024年ですが、すでに働きやすさへの取り組みが始まっている職場なのです。

 

また、携帯基地局設備の交換やメンテナンスで高所での作業を行うため、高い所が苦手な方は最初少し怖く感じることもあるかもしれません。しかし、仕事をこなしていくうちに気にせずに作業できるようになります。仕事で必要な資格の取得については、受験費用の会社負担もあり、技術取得への会社のサポート体制も整っています。未経験からのスタートでも心配ありません。

 

このように、株式会社アライバルでは働きやすい職場で安心して技術を高め、手に職をつけてキャリアップしていくことができます。

 

 

 

時代の最先端を担う通信インフラを支える仕事

 

 

スマートフォンやAIによって、人々の生活は急速に発達しています。しかし、通信設備がなければ、情報を得たり発信したりすることもできなくなってしまいます。便利なデジタル社会の発展のために欠かせない「通信インフラ」を支えているのが、通信建設業なのです。

 

働き方改革を受け、通信建設業における働きやすさも大きく変わろうとしています。現代社会の進化を担う通信建設業で、社会の役に立つ仕事がしたいという方は、株式会社アライバルまでぜひお気軽にご連絡ください。

 

 

<ご応募はこちら>

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

詳細はこちら

デジタル社会の発展に関わる!通信建設業の内容とは?

 

みなさんは「通信建設業」と聞いて、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか?

 

電気工事なら、電力設備や電線にのぼって工事をする姿など、すぐにイメージがつくかもしれませんが、そこに「通信」が加わるとあまり身近に感じられない方も多いかと思います。

 

しかし、通信建設業はみなさんのとても身近なものに関わる仕事なのです。

 

そこで今回は、「通信建設業」の内容について詳しくご紹介します。

 

 

 ■通信建設業と電気工事の違い 

 

 

通信建設業は、現代の生活にはなくてはならない携帯電話やスマホ、テレビ、インターネットなどの情報通信設備に関わる仕事です。情報伝達のために電気を使用する設備を設置したり、設置に伴う電気工事をしたりします。

 

通信建設業と電気工事は内容的に混同されやすいのですが、扱う電気の違いで見分けることができます。

 

電気設備には、強電設備と弱電設備があります。電圧が強く電力エネルギーを送るものを「強電」、弱い電圧で情報を送るものを「弱電」と呼びます。

 

電力会社から受電し電気を分配するような場合は強電設備であり、電気工事になります。そして、電話やテレビ、インターネット、放送設備などは弱電設備であるため、通信建設業の仕事になるのです。

 

 

通信建設業の仕事

通信建設業は役割や工事内容によって、携帯電話基地局工事、通信線路工事、LAN工事、放送設備工事などに分けられます。

 

それでは、具体的に通信建設業にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

・携帯電話基地局工事

 

 

携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末へ電波を届けるために、携帯電話の基地局設置などをする工事です。

 

基地局設置の建設候補地の現地調査や、用地交渉も行います。工事では、ビルや鉄塔にのぼってアンテナ設置や配線をする高所作業もあり、安全を確保しながら工事を進めていきます。

 

施工後には通信テストを実施し、効率よく電波を届けることができるか確認をします。

 

・通信線路工事

光ケーブルなどの伝送路の設計・施工、回線の接続や測定を行います。保守やメンテナンスも大切な仕事のひとつです。

 

・LAN工事

 

 

インターネットやパソコン、プリンターなどのオフィス機器を有線LAN・無線LANでネットワークに接続する工事です。

 

オフィスの業務に合わせて、パソコンやプリンター、サーバーを1つのネットワークとして使えるように構成します。有線LANの場合、LANケーブルが最適な状態になるように配線を構築する必要があります。

 

その他、マンションのWi-Fi設置工事なども行います。

 

・テレビ共聴設備工事

テレビ共聴設備とは、複数台のテレビ放送を1つのアンテナで受診するための設備です。集合住宅やマンションでテレビを視聴するためのケーブルや、テレビ電波の受信用アンテナを設置します。

 

・放送設備工事

公共施設や商業施設などで情報を伝えるための放送設備を設置する工事です。放送設備には、業務用の放送設備、緊急放送設備、会議室放送設備、舞台や劇場用の音響設備などがあります。

 

マイクやスピーカーなどのアナウンス設備やBGMを流すための音響機器の設置、学校のチャイムに関する工事なども放送設備工事になります。

 

・設備機器の設置工事

上記の他にも、施設やマンションの防犯カメラ・監視カメラや自動火災報知機、病院のナースコール、オフィスビルの入退管理設備などの工事もあります。

 

 

情報インフラを支える通信建設業

 

 

アライバルでは、主に携帯電話基地局の工事や通信線路工事を行っています。

 

携帯電話基地局がなければ、電話はもちろん、インターネットで情報を検索したり、SNSで発信したりすることもできなくなってしまいます。通信建設業は、現代の生活に欠かせない、デジタル社会の発展を支える大切な仕事なのです。

 

通信建設業に興味を持たれた方や、情報インフラを支えて人の役に立つ仕事をしたいという意欲のある方は、お気軽にアライバルまでご連絡ください。

 

 

<お問い合わせはこちら>

 

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

 

詳細はこちら

名古屋を拠点に情報通信サービスを支えるアライバル

 

愛知県名古屋市を拠点に、東海4県や東京で通信建設業を営んでいる、株式会社アライバルです。

 

毎日の生活の中で、スマホが手放せないという方は多いのではないでしょうか。現代社会において、今や携帯電話やスマホ、Wi-Fiのない生活は考えられなくなっています。

 

電気通信設備は、このような現代の生活に欠かせない通信サービスを支える、大切な役割を担っています。しかし、通信建設業の工事といっても、どのような仕事なのかイメージがつかみにくい方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、通信建設業の仕事内容や、通信建設業を営む当社「株式会社アライバル」について、詳しくご紹介します。

 

 

■通信建設業とは?

 

 

まず電気通信設備とは、携帯電話・PHSの基地局設備や光ケーブルなどの通信線路のことです。こうした設備について以下のような工事を行うのが通信建設業です。

 

携帯電話やPHS基地局設備工事では、ビルやマンションの屋上、電柱の上に基地局やアンテナを設置します。無線基地局設置のために、用地交渉も行います。

 

通信線路工事は、光ケーブルなどの配線をはじめ、ケーブルへの接続用端子の取り付けや、回線の接続・測定を実施します。

 

鉄塔や屋上などの屋外に設置する設備も多く、定期的なメンテナンスや保守も大事な仕事です。

 

 

通信建設業の将来性

 

 

電気通信は、現代生活になくてはならない存在ですが、技術の進歩によって通信建設業の需要はさらに高まっています。

 

2020年に5Gがスタートすることで、より早い通信サービスが実現します。それに伴い、新たな基地局の設置などの通信設備工事が期待されており、NTTドコモだけでも、基地局設置工事・交換設備工事・伝送設備工事に約8,000億円の設備投資を行う見通しが示されています。

 

新たにキャリア参入する会社が出ると、アンテナ工事の需要が見込まれます。このように、電気通信のサービスは、時代の流れに合わせて絶えず進化しています。そのため、通信建設業の仕事は常にあるので、将来性が保証されており、今後も安定の業界と言えるでしょう。

 

 

■株式会社アライバルの仕事

 

株式会社アライバルでは、各携帯電話会社の携帯電話基地局のエリア試験や、携帯電話基地局設置の交渉、NTTフレッツ光開通業務などを行ってきました。

 

1.株式会社アライバルの雰囲気

 

 

平均年齢28歳と、若い社員が多く活躍する職場です。従業員同士とても仲が良く、人と人とのつながりをとても大切にしています。仕事の場では尊敬し合う仲間として、仕事外でも家族のように、お互い頼れる存在です。会社でBBQや飲み会を開催したり、釣りが趣味の仲間同士で休日に釣りにでかけたりすることもあります。

 

仕事を離れてリフレッシュできるように、大手企業並みに休みも長くとれるようにしています。土日休みが基本ですが、工事のスケジュール上土日出勤になってしまった場合には、代休を取ることもできるようになっています。

 

2.仕事に必要な知識

 

 

通信建設業の工事は特殊な業務のため、電機・通信の知識が必要になります。経験者や資格所持者は優遇されますが、未経験の方でも心配はいりません。すでに働いている先輩たちも、みな知識ゼロからのスタートでした。必要な資格の取得については、会社がバックアップしています。2回までは会社負担で資格取得に挑戦できますので、仕事をしながらレベルアップしていくことが可能です。

 

 

情報通信サービスを支える電気通信設備工事

 

 

通信建設業は、現代社会の最先端の部分を支える大切な仕事です。技術を身に付け、職人として長く働きたい方にはおすすめの職業といえます。

 

東海4県や東京で通信建設業を営んでいる株式会社アライバルでは、現在、一緒に働く仲間を募集しております。通信建設業に興味を持たれた方や高所での作業が好きな方、手に職を付けて頑張っていきたいという方は、株式会社アライバルまでお気軽にご連絡ください。

 

<お問い合わせはこちら>

 TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

詳細はこちら

GWまで、、

1週間後にはGWです

今年は10連休〜最高ですね。

あと少し頑張っていきましょう

詳細はこちら

いい天気(^^)

久々の更新になります。

今日から3連休〜幸せですね(^-^)

天気もいいし最高!!

 

これから、どんどん更新していきますね(^^)

詳細はこちら

初投稿

今日は現場が早く終わり、皆定時で帰れました。

明日は金曜日〜頑張りましょう(^-^)

詳細はこちら

スタッフ募集中!あたらしい仲間を待っています。

アライバルでは共に働いてくれる仲間を募集しています。
詳しくは求人ページを御覧下さい。

詳細はこちら

最先端技術とともに発展する!通信建設業の将来性

 

愛知県名古屋市を拠点に、東海4県や東京で電気通信設備工事を行っている、株式会社アライバルです。

 

生活の必需品となったスマ―トフォンをはじめ、現代社会では通信サービスがなくてはならない存在となっています。通信インフラを支える上で、通信建設業は欠かせない仕事のひとつといっても過言ではありません。今後も通信サービスの発達とともに、通信設備の需要が高まっていくと考えられています。

 

そこで今回は、そんな通信設備などに深く関わる「通信建設業」の将来性についてご紹介します。

 

 

 

最先端の通信インフラを支える!通信建設業とは

 

 

通信建設業は、通信施設や携帯基地局の設置、光ケーブルなどの通信線路工事など、通信インフラの設備やメンテナンスが主な仕事です。

 

携帯電話がスマートフォンに進化し、通信速度がより早く便利になっていることを皆さんも日常の中で感じられていると思います。これらの進化を影で支えているのが、通信建設業なのです。

 

さらに、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐ「IoT(Internet of Things・モノのインターネット)」分野の発展により、生活や仕事の環境も変化しつつあります。

 

今まではインターネットといえばコンピューター同士を繋ぐためのものでしたが、IoTにより、スマートフォンやタブレット端末、テレビ、スマートスピーカーなどあらゆるデジタル家電がインターネットに接続されるようになってきています。

 

この変化により、外出先からでもアプリで家の様子を見たり、冷暖房や電気を付けたりできるようになりました。レシピを表示してくれる冷蔵庫や、音声を認識して会話できるスピーカーなど、今まででは考えられなかったような家電が次々と販売されています。

 

家庭だけでなく仕事の現場でも、工場設備の稼働状況を瞬時に把握したり、異常を事前に検知したりすることも可能になっています。今後、IoTは医療や介護、農業、警備など多くの分野に広がっていくことが期待されています。

 

そして、これらの便利なシステムを快適に使用するためには通信設備が必要になるため、通信インフラを整える通信建設業の重要度は今後一段と増していくでしょう。

 

 

 

通信建設業の将来性と求められる人材

 

 

2020年の東京オリンピック開催に向けて、建設業界全体も順調に業績を延ばし、成長を続けています。

 

その中でも通信建設業は、IoT以外にも5GやAIといった新技術の導入や、老朽化したインフラへの対応工事の発注が期待されています。

 

総務省「将来のネットワークインフラに関する研究会」では、5Gによって最高伝送速度は現行LTEの100倍となり、IoTにより膨大な機器がネットワークに接続され、2020年代には現在の1,000倍以上の通信量になると報告されています。

 

身の回りのあらゆる機器がネットに接続され、2時間の映画を3秒でダウンロードできたり、ロボットをリアルタイムで遠隔操作したりする未来がすぐそこまで来ているのです。

 

しかし同時に、急速に発展する通信インフラを保守・運用する人材の不足が、問題として指摘されています。少子高齢化や電気通信工学系専攻の人材の減少により、技術者が足りない状況はもっと深刻になっていくことが予測されているのです。

 

通信建設業での人材の確保と育成が、これからの通信サービスの発展の大きな鍵になっていくでしょう。

 

 

 

需要が高まる通信建設業で働く

 

 

通信建設業は、IoTや5Gなど技術の進化を受け、さらに需要が高まっていきます。止まることない通信サービスの発展により、通信設備の工事も常に必要とされ続けていくでしょう。

 

最先端の技術に関わる仕事や人の役に立つ仕事がしたいという方は、将来性も見込める通信建設業界で働いてみませんか。通信建設業に興味を持たれた方は、愛知県名古屋市を拠点に電気通信設備工事を行っている株式会社アライバルまで、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

<ご応募はこちら>

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

 

詳細はこちら

最先端の通信インフラを支える!通信建設業の働きやすさ改革

 

愛知県名古屋市を拠点に、東海4県や東京都で電気通信設備工事を行っている、株式会社アライバルです。

 

2019年4月から施工された「働き方改革」。ニュースやSNSなどでも話題になり、これをきっかけに働き方について見直す企業も増えてきているそうです。

 

「きつい、帰れない」などのイメージがあった建設業でも、時代の変化に合わせ、働きやすい環境づくりがされるようになっています。

 

そこで今回は、通信建設業の働きやすさと今後についてご紹介します。

 

 

 

通信インフラを支える通信建設業の仕事

 

 

建設業はイメージできても、通信建設業となると、どのような仕事をしているのか想像がつかない方もいらっしゃるかと思います。

 

近年スマートフォンが普及した結果、携帯の繋がりやすさや速度、対応エリアなどの「通信インフラ」の設備増強は、携帯電話企業にとっても大切なポイントになってきています。

 

このような通信インフラ設備の工事を施工し、通信の安定や品質を支えているのが、私たち株式会社アライバルのような通信建設業です。

 

携帯基地局工事だけでなく、光ファイバー設備や企業通信の社内外ネットワーク工事など、大事な通信インフラを影でサポートしているのです。

 

 

 

通信建設業の将来と働きやすさへの取り組み

 

 

最近では、AIや5Gなどの新技術の開発が続けられており、それらに関連した工事の発注増加も期待されています。さらに、新技術の導入だけでなく老朽化した通信設備への対応も求められるため、将来的にも通信建設業は仕事量が保証された業界といえます。

 

一方で、通信建設業では深刻な人手不足が大きな問題となっています。建設業界に対する大変そうなイメージが先行してしまい、若者から敬遠されてしまう傾向にあるのです。現場で働く職人の高齢化も課題となっています。

 

残業や休日出勤による過労死などがニュースで取り上げられるように、職場での働き方は、社会全体の問題でもあります。2019年4月には、「働き方改革関連法」が成立して、有給休暇の確実な取得や時間外労働の上限規制が導入されました。社会全体で、働きやすさへの取り組みが始まっています。

 

建設業では5年の猶予期間の後、2024年から一般職と同じ上限規制が適用されることになっています。通信建設業界も今後、働きやすさを求めて大きく変わっていくことになるでしょう。それに加え、株式会社アライバルでは、社員の働きやすさを追及した取り組みを行っています。

 

 

 

働きやすさへの取り組み

 

 

建設業の現場仕事は、「土日も関係なく働き、休みが少ない」という印象を持たれる方も多いかと思います。しかし、名古屋市に拠点をおく株式会社アライバルは土日休みです。大手企業の依頼で工事を行っていることもあり、大企業並みの長期休暇を取ることもできます。建設業への働き方改革の適用は2024年ですが、すでに働きやすさへの取り組みが始まっている職場なのです。

 

また、携帯基地局設備の交換やメンテナンスで高所での作業を行うため、高い所が苦手な方は最初少し怖く感じることもあるかもしれません。しかし、仕事をこなしていくうちに気にせずに作業できるようになります。仕事で必要な資格の取得については、受験費用の会社負担もあり、技術取得への会社のサポート体制も整っています。未経験からのスタートでも心配ありません。

 

このように、株式会社アライバルでは働きやすい職場で安心して技術を高め、手に職をつけてキャリアップしていくことができます。

 

 

 

時代の最先端を担う通信インフラを支える仕事

 

 

スマートフォンやAIによって、人々の生活は急速に発達しています。しかし、通信設備がなければ、情報を得たり発信したりすることもできなくなってしまいます。便利なデジタル社会の発展のために欠かせない「通信インフラ」を支えているのが、通信建設業なのです。

 

働き方改革を受け、通信建設業における働きやすさも大きく変わろうとしています。現代社会の進化を担う通信建設業で、社会の役に立つ仕事がしたいという方は、株式会社アライバルまでぜひお気軽にご連絡ください。

 

 

<ご応募はこちら>

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

詳細はこちら

デジタル社会の発展に関わる!通信建設業の内容とは?

 

みなさんは「通信建設業」と聞いて、どのような仕事を思い浮かべるでしょうか?

 

電気工事なら、電力設備や電線にのぼって工事をする姿など、すぐにイメージがつくかもしれませんが、そこに「通信」が加わるとあまり身近に感じられない方も多いかと思います。

 

しかし、通信建設業はみなさんのとても身近なものに関わる仕事なのです。

 

そこで今回は、「通信建設業」の内容について詳しくご紹介します。

 

 

 ■通信建設業と電気工事の違い 

 

 

通信建設業は、現代の生活にはなくてはならない携帯電話やスマホ、テレビ、インターネットなどの情報通信設備に関わる仕事です。情報伝達のために電気を使用する設備を設置したり、設置に伴う電気工事をしたりします。

 

通信建設業と電気工事は内容的に混同されやすいのですが、扱う電気の違いで見分けることができます。

 

電気設備には、強電設備と弱電設備があります。電圧が強く電力エネルギーを送るものを「強電」、弱い電圧で情報を送るものを「弱電」と呼びます。

 

電力会社から受電し電気を分配するような場合は強電設備であり、電気工事になります。そして、電話やテレビ、インターネット、放送設備などは弱電設備であるため、通信建設業の仕事になるのです。

 

 

通信建設業の仕事

通信建設業は役割や工事内容によって、携帯電話基地局工事、通信線路工事、LAN工事、放送設備工事などに分けられます。

 

それでは、具体的に通信建設業にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

・携帯電話基地局工事

 

 

携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末へ電波を届けるために、携帯電話の基地局設置などをする工事です。

 

基地局設置の建設候補地の現地調査や、用地交渉も行います。工事では、ビルや鉄塔にのぼってアンテナ設置や配線をする高所作業もあり、安全を確保しながら工事を進めていきます。

 

施工後には通信テストを実施し、効率よく電波を届けることができるか確認をします。

 

・通信線路工事

光ケーブルなどの伝送路の設計・施工、回線の接続や測定を行います。保守やメンテナンスも大切な仕事のひとつです。

 

・LAN工事

 

 

インターネットやパソコン、プリンターなどのオフィス機器を有線LAN・無線LANでネットワークに接続する工事です。

 

オフィスの業務に合わせて、パソコンやプリンター、サーバーを1つのネットワークとして使えるように構成します。有線LANの場合、LANケーブルが最適な状態になるように配線を構築する必要があります。

 

その他、マンションのWi-Fi設置工事なども行います。

 

・テレビ共聴設備工事

テレビ共聴設備とは、複数台のテレビ放送を1つのアンテナで受診するための設備です。集合住宅やマンションでテレビを視聴するためのケーブルや、テレビ電波の受信用アンテナを設置します。

 

・放送設備工事

公共施設や商業施設などで情報を伝えるための放送設備を設置する工事です。放送設備には、業務用の放送設備、緊急放送設備、会議室放送設備、舞台や劇場用の音響設備などがあります。

 

マイクやスピーカーなどのアナウンス設備やBGMを流すための音響機器の設置、学校のチャイムに関する工事なども放送設備工事になります。

 

・設備機器の設置工事

上記の他にも、施設やマンションの防犯カメラ・監視カメラや自動火災報知機、病院のナースコール、オフィスビルの入退管理設備などの工事もあります。

 

 

情報インフラを支える通信建設業

 

 

アライバルでは、主に携帯電話基地局の工事や通信線路工事を行っています。

 

携帯電話基地局がなければ、電話はもちろん、インターネットで情報を検索したり、SNSで発信したりすることもできなくなってしまいます。通信建設業は、現代の生活に欠かせない、デジタル社会の発展を支える大切な仕事なのです。

 

通信建設業に興味を持たれた方や、情報インフラを支えて人の役に立つ仕事をしたいという意欲のある方は、お気軽にアライバルまでご連絡ください。

 

 

<お問い合わせはこちら>

 

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit/

 

詳細はこちら