電気通信業界で働く!失敗しない転職3つのポイント

 

愛知県名古屋市を拠点に、東海4県や東京で電気通信設備工事を行っている、株式会社アライバルです。

 

電気通信の会社にもさまざまな種類があります。電気通信の仕事に興味があり転職を考えていても、自分に合う会社が見つかるか不安に感じて、転職への一歩を踏み出せずにいる方もいらっしゃるかもしれません。

 

世の中には転職に成功する人と失敗する人がいます。転職活動をスムーズに進め、仕事内容や待遇に満足できる職場で働ける人と、そうでない人との違いは何なのでしょうか。

 

そこで今回は、電気通信業界の転職で失敗しないための3つのポイントをご紹介します。

 

 

■ポイント1.転職する理由を明確にする

 

「収入をアップさせたい」「やりがいを感じながら働きたい」などの理由で転職したのに、転職先でも前職と同じような不満を抱いてしまうケースがあります。

 

働いている会社に不満を感じる時には、仕事内容、給料、待遇、人間関係などいくつかの問題が複雑に絡み合っています。転職に失敗する人は自己分析をせずに、少しでも今より条件が良い会社や、先に採用が決まった会社に入社してしまいがちです。

 

まずは現在の仕事に対する不満と転職で譲れない条件を書き出してみましょう。自己分析をすることで今まで気づかなかった問題もはっきりして、転職の目的も明確になってきます。漠然とした不満を解消しようと転職活動をするのではなく、新しい会社でどのように働きたいのか、しっかりと目的を明らかにして仕事探しをするようにしましょう。

 

 

■ポイント2.気になる会社には迷わず応募する

 

転職で成功できない人は、調べていて気になる会社があっても応募を迷ってしまい、タイミングを逃してしまう傾向があります。

 

転職情報誌やHPなどで得られる情報は、その会社の一部分です。気になる会社があれば、まずは問い合わせや応募をしてみましょう。実際に会社を訪問し、人に会うことで会社のことをより具体的に知ることができます。心配な点があれば直接質問して確認することも可能です。転職に成功した人は数社に応募をして面接を繰り返しながら、自分に合う会社を検討しています。

 

まずは求人情報や会社HPで仕事内容や先輩の声、社風などをチェックして、気になる会社があれば迷わずに応募してみましょう。

 

 

■ポイント3.面接で意欲をアピール

 

電気通信業界では他の業種から転職を希望される方など、未経験からスタートされるケースも多くあります。アライバルで活躍されている方は、全員未経験で入社しています。

 

転職に失敗する人は、「自分は未経験だから」と面接でも萎縮してしまいがちです。電気通信工事は現場の経験を重ね技能を身につけながら成長していく仕事です。未経験の方でも入社後に知識と技術を積極的に学んでいけば、将来は電気通信のプロフェッショナルとして活躍していけるでしょう。

 

「経験がないから」と消極的にならずに、「どうしても電気通信の仕事に携わりたい」というやる気を面接で伝えることが大切です。

 

 

■転職への一歩を踏み出そう!

 

今回は、電気通信業界の転職で失敗しないためのポイントをご紹介しました。「転職する理由を明確に」「気になったら応募」「面接で意欲をアピール」を転職活動の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

愛知県名古屋市のアライバルは、移動体通信システムの無線基地局設置交渉から、電波測定・システム試験、メンテナンスなどの通信関連事業を行っています。

 

「電気通信業界で働いてみたい」「電気工事士の資格を持っている」「アライバルの仕事内容や会社が気になる」という方はぜひご応募ください。アライバルは、従業員の平均年齢28歳と、若いスタッフが多くアットホームな職場です。面接に来ていただくことで、職場の雰囲気を直接感じていただけると思います。未経験の方でも心配ありません。面接で「働きたい」という意欲をぜひアピールしてください。やる気のある方のご応募お待ちしています。

 

<株式会社アライバル ご応募はこちら>

TEL052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit