電気通信工事と電気工事はどう違う?必要な資格や将来性を紹介

 

電気は私たちの生活に欠かせないものです。そして、電気を使うには設備を整える必要があり、主な電気関係の工事には「電気通信工事」と「電気工事」があります。名前はよく似ていますが、この2つはどのように異なるのでしょうか。ここでは、電気通信工事と電気工事の違いや、必要な資格について解説します。

 

■電気通信工事と電気工事の違い

 

電気通信工事と電気工事は、名前こそ似ていますが業種も職種も異なります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

▼電気通信工事

電気通信工事は、簡単にいうと「弱い電気」を扱う仕事です。主に手掛ける設備としては、「有線電気通信設備」「無線電気通信設備」「データ通信設備」、そして「放送機械設備」などがあります。工事の内容は、「電気通信線路設備工事」や「放送機械設備工事」、「電気通信機械設置工事」「データ通信設備工事」「情報制御設備工事」などです。

一般のご家庭や企業に関連するものでいうと、ネット回線や電話回線の配線と、それに伴う設備に関する工事が挙げられます。作業員に必要な資格は「電気通信主任技術者」です。さらに細かく分けると、「伝送交換主任技術者」と「線路主任技術者」の2種類があります。

アライバルが主に手掛けているのも、この電気通信工事です。携帯の電波やWifiがどこでもつながって当たり前の時代に、ライフラインを支えるべく活動しています。

 

▼電気工事

電気工事は、簡単にいうと「大きな電気」を扱う仕事です。細かく分けると、主に鉄道関係の設備を手掛ける「鉄道電気工事」と、建物関係の設備を手掛ける「建設電気工事」があります。取り扱う主な設備は、発電設備、送配電設備、照明、避雷針、鉄道などです。

電気工事の作業員には、「電気工事士」の資格が必要となります。電気工事士には1種と2種があり、1種は中小工場やビルなど、より大きな規模の設備の工事に関わることが可能です。2種は一般住宅や小規模商店など、比較的小さな規模の工事が中心になります。コンセントの移設や増設といった小さな工事にも、電気工事士の資格が必要です。

さらに、「電気主任技術者」の資格があれば、電気保安の責任者として発電所や変電所での作業にも従事できます。1種~3種があり、1種なら2種・3種も含めた電気工作物を扱うことが可能です。

 

 

■電気通信工事業への転職と将来の展望

 

情報通信サービスの発展に伴い、電気通信工事の需要はますます高まっていくと予想されます。電気通信工事会社への転職を考えている方も多いでしょう。

 

中には、「自分は未経験だから」「もう40歳だから」といってあきらめている方もいるかもしれません。しかし、そのような心配は無用です。電気通信工事会社の多くは、未経験者や無資格者も受け入れており、簡単な作業から学ぶことができます。ある程度経験を積んだら、資格の取得を目指すといいでしょう。資格取得のための費用を負担してくれる会社も多いので、サポート制度があればぜひ活用してください。

 

もちろん、経験を積んだり資格を取得したりすれば、給与にも反映されます。情報通信技術の発展は目覚ましく、既存の設備も次々に刷新されているため、仕事の将来性も十分に期待できるでしょう。残業時間は20時間程度、年間休日日数も平均110日~115日程度なので、休みも十分に取れます。

なお、未経験者の方が履歴書を書く時は、電気通信工事に興味を持った理由や将来の希望をしっかりと書きましょう。いつまでにどの資格を取り、どのような仕事に関わりたいといった、自分なりのビジョンを考えてみてください。

 

愛知県名古屋市のアライバルでは、新入社員を随時募集しております。弊社は、携帯電話の基地局設備や通信線路工事を手掛ける会社です。必要な資格の取得はバックアップし、未経験者のスタートでも一人前に育てます。手に職をつけたい方、電気通信工事に興味のある方は、一緒に働いてみませんか? ご応募お待ちしております。

 

<株式会社アライバル ご応募はこちら>

TEL.052-938-5501

http://www.arrival-2007.com/recruit